水道の配管トラブルの修理依頼で伝えるべきポイント

水道の配管トラブルが発生したときは、修理をしてもらうために業者に依頼することになります。電話などで修理の依頼をした後、プロのスタッフに現場の確認と見積もりをしてもらいますが、トラブルの状況の説明をしっかりとすることで見積もりや工事がスムーズにすすみます。こちらでは、業者になにを伝えれば工事がスムーズになるのかを紹介します。

■トラブルが発生している配管の場所

まず、業者へ連絡した時には、水漏れなどのトラブルが発生している場所を正確に伝える必要があります。屋外か室内の配管なのか、それとも給湯器の配管からの水漏れなのかが分からなければ、なにを用意して現場に向かえばいいかが決められません。
また、できれば給水側とか排水側のような、より正確なトラブルの場所の情報を伝えるようにすると、業者のスタッフも修理内容がイメージしやすくなります。

■トラブルが発生した原因と時期

水道の配管トラブルが生じた際に、たとえば、自動車で屋外の水道に接触してしまったなど、原因が分かっている場合は、それを伝えるようにしてください。また、設備の老朽化で古くなっているのが原因で起こることもありますので、配管の設置から10年以上経っている場合は、おおよその年数についても伝えるのもおすすめです。
さらに、トラブルが発生してからどのくらいの期間が経過しているのかについても分かる範囲で伝えるようにしましょう。

■まとめ
修理の依頼でトラブルの状況を説明するのは、相手に実際に発生しているトラブルのイメージをしっかりと持ってもらうためです。簡単な水道 修理なら、現場に来てその場で直してもらえることもありますが、なにが原因でどのような材料が必要になるかが分かっていないとできません。スムーズに対応してもらえるためにも、できる限り状況を詳しく伝えるようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ